教育について

学校と学習塾、それぞれの長所について考える

現代の子供たちにはたくさんの学びの場が用意されています。
この記事ではその中でも、特に「学校」と「学習塾」という2つの学びの場に着目し、それぞれの長所を考えていきます。
まず学校ですが、学校は「総合的な人間力」を養う上で重要な場所であると言えるでしょう。
クラスにいる多様な友人たちと一緒に学び、時には課外活動などを通して地域の人々と交流し、生きていく上で大切な「広い視野や考え方の基礎」を学ぶ場として優れている考えます。
勉強も勿論大切ではありますが、学校という場では「知識の吸収」だけではなく、その知識を、今後どのように子供たちが吸収していけるようになるかという「土台」を養う場として大切な学びの場所といえるでしょう。
一方学習塾ですが、学習塾は講師の先生たちが「進学」や「受験」に特化した授業を展開してくれるので、純粋に「勉強に集中する場」として優れていると考えます。
学校の様に生活する上での「物事の考え方」を学ぶというよりは、学習の仕方といった「勉強」に力を入れている場として考えたほうが良いでしょう。
こうしてそれぞれの長所を考えてみると、学校と学習塾、どちらも学びの場として優れており、それぞれに魅力があります。
力を入れているポイントや学べるものの幅なども異なるので、どちらの方が優れていると決めつけるのではなく、それぞれの特性を生かすことが大切であると言えるでしょう。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.

学校と学習塾、それぞれの長所について考える